Tag Archives

7 Articles

ウェブサイトを翻訳する

by BIJ

紙媒体よりもウェブサイトの翻訳の注文が増えています。HTMLでサイトを作りこんでいた時期は、支給していただいたhtmlファイルに翻訳支援ツールを使って訳文を流しこんでいました。

近頃はCMSというシステムを使ってブログを投稿する感覚でサイトを作りこむケースが多くなっています。大抵の場合はエクセルなどにテキストを抜き出していただき、それを翻訳支援ツールを使って翻訳しています。

サイトの翻訳をご検討される場合は、HTMLなのかCMSなのか確認する必要があります。サイトを作成したご担当者に聞いていただくか、お気軽にお問合せください。

外国人観光客が困っていること

by BIJ

わたしの職場は都庁の向かいにあります。朝夕の通勤時、スマホや地図を片手に道に迷っている外国人観光客を毎日のように見かけます。声をかけてみると行き先は様々。「築地」、「くら寿司」、「富士急ハイランド」、「かに道楽」等々。

「かに道楽」のときは、新宿駅東口付近の店舗まで香港からきた若夫婦と3歳の女の子を30分近くかけて案内しました。女の子が疲れと空腹でぐったりしている姿をみて気の毒になりお店まで連れていくことにしたのです。仕事帰りに使命をはたしたわたしが今度は空腹と疲労でぐったりです。

外国からの観光客は来日する前にネットなどで訪れたいスポットを調べてきているようですが、さすがに道順だけは現地でぶっつけ本番です。外国のように街が碁盤の目のようになっていないので、地図を見ても異郷の地にいる外国人の目には迷路のように映るでしょう。上であげた目的地は、わたしにとっては日頃関心がないので所在、道順、交通手段も見当がつきません。教えるというよりは一緒に探すといったほうが正しいでしょう。

今後、外国人観光客が増えるとなると、地図やスマホを片手に困っている人も増えるのでしょうか。

翻訳支援ツール Memsource

by BIJ

翻訳会社の多くでは翻訳支援ツールなるものを使って翻訳をしています。翻訳原稿に直接上書きをするのは大変効率が悪いので、専用アプリケーションにファイルを読み込みます。翻訳会社ビードットアイジャパンでは、数年前からMemsourceというクラウド型の翻訳支援ツールを使っています。

翻訳会社ビードットアイジャパンでは、Memsourceにたどり着くまでに8種類のアプリケーションを使ってきました。なぜ、Memsourceなのか。

1.専用のEditorが無料で使えるので、翻訳者が高価なアプリケーションを購入する必要がない。

2.大量のドキュメントを複数名の翻訳者で分割し、訳文と用語をリアルタイムで共有できる。

3.QA機能を使って大量ドキュメント全体を一度に確認・修正(用語・訳文の統一など)ができる。

4.管理画面のインターフェースがブラウザーなのでネットがつながる環境にいれば、どこからでもアクセスができる。

5.翻訳で取り扱うほとんどのファイルフォーマットに対応している。

6.サポートの対応が早い。
 
Memsourceは翻訳業務の効率アップには最善の選択といえます。

memsource 日本語ブログ・マニュアル
memsource お問合せフォーム

memsource_logo

God Save The Queen – 3

by BIJ

「なでしこJAPAN」の優勝で女子サッカーは賑やかになった。
一方で、「早過ぎるDF松田の旅立ち」に悲しみと新たな誓いが生まれた。
日本のサッカー界は英国に比べれば、まだまだ新参者である。
英国では、Soccer(サッカー)ではなく、Football(フットボール)と呼ぶ。これが案外日本人にはピンとこない。おそらく我々にはAmerican Football(アメリカンフットボール)が身近にあるためだろう。
英国には、非常に熱心なフットボールファンがいて、彼らは時折暴徒と化す。Hooligan(フーリガン)である。

最近では、サッカーは完全にビジネス化している。巨額な資金が選手やスポンサーとともにあちこちのチームを行き来する。その結果「昨日は天下、今日は物乞い」状態にいとも簡単に陥ってしまう。
その昔ロンドンを拠点とする某チームが地方に遠征するときは大変だった。午後は学校が休校になり、サッカースタジアム周辺の商店が早々とシャッターを下ろしてしまうほどであった。もちろん、応援に駆け付けるごく一部のフーリガン対策である。
このチームは、非常に攻撃的なサッカーを得意とし、ファンを興奮させると同時に「過激」なイメージを持っていた。ところが、今では莫大な資金によって海外から有名なトップクラスの選手をどんどん引き抜くようになった結果、昔のイメージはもはやない。フーリガンは歓迎しないが、ビジネス化されたサッカーもどうかと思う。

ニュースでは、英国で暴動が起きているという。
ロンドンオリンピック開催を来年に控えているが、異常な物価高と若者たちの就職状況などはどんどん悪化しているようだ。
サッカーはプレーヤーもサポーターも楽しめるものであってほしい。そして、そんなサッカーが安全にできるように、この暴動も早く収束に向かってほしいものだ。

By G.B

ブックガイド

by BIJ

針を使わずに紙を綴じられるステープラー、自然の風に限りなく近いやわらかな風を送る扇風機、・・・
技術的に完成したと思われている分野に新たな特長を持って登場してくる製品には、ささやかながら感動を覚えます。
「○○とは、このようなもの」という常識を疑うところから発明や改良が生まれるのでしょう。

『ゼムクリップから技術の世界が見える アイデアが形になるまで』(平凡社ライブラリー)
身近な製品から社会システムにいたるまで、それらがどのようにして現在の形になったのかを子細に見ていきます。

ヘンリー・ペトロスキー (著) 、忠平 美幸 (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 328ページ
出版社: 平凡社 (2010/9/11)
ISBN-10: 4582767095
ISBN-13: 978-4582767094
発売日: 2010/9/11

『世界を変えた発明と特許』(ちくま新書)
歴史的な発明家に焦点を当て、技術と法(特許)の世界が交差するドラマが語られます。

石井 正 (著)
単行本: 234ページ
出版社: 筑摩書房 (2011/4/7)
言語 日本語
ISBN-10: 4480066055
ISBN-13: 978-4480066053
発売日: 2011/4/7

語学力アップのヒント

by BIJ

わが社は翻訳サービス会社とあって、外国語が得意な人たちが働いています。
幼いときから外国に住んでいて言葉を習得したのではなく、人知れず努力した結果、外国語をマスターした人たちの体験談や語学力アップのヒントを紹介します。

英語力アップの秘訣に多読があります。たくさんの英文を速く読むことでリーディングだけではなく、ヒアリング能力も向上します。1分間200単語を目指しましょう。

お金をかけずに外国語を習得することも可能です。これから無料で利用できる教材を紹介していきます。

今回はボイス・オブ・アメリカ(VOA)です。
VOAは、戦時中の1942年、ドイツと日本に向けてアメリカ戦争情報室によって設立された国営放送です。世界中のニュースを、英語、中国語など、多数の言語で読むことができます。興味深いのは、アメリカの友好国の言語がないことです。

VOAのニュースサイトには、多数の記事が掲載されています。

ブックガイド

by BIJ

スポーツ中継の勝利者インタビュー、最近は判で押したように同じような言葉を数多く耳にします。まるで「空気を読む」ことを強制されているかのように。ファンを楽しませるインタビューがもっとあってもいいのではないでしょうか。
『アメリカン・ポップ・フレーズ』には、アメリカ有名人の名セリフが分野別に収められています。歴史に残る言葉は、時を経てもなお新鮮です。
『両手いっぱいの言葉』は、言葉と発想の錬金術師と呼ばれた著者による箴言集です。人生観が変わる言葉に出会えるかもしれません。

『アメリカン・ポップ・フレーズ ― スーパースター206人 名言・迷句』
ショーン ホーリー (編), 渡辺 洋一/小原 平/人見 憲司 (編訳)
単行本: 248ページ
出版社: 研究社出版 (1996/08)
ISBN-10: 9784327451110
ISBN-13: 978-4327451110
ASIN: 4327451118
発売日: 1996/08

『両手いっぱいの言葉 ― 413のアフォリズム』(新潮文庫)
寺山 修司 (著)
文庫: 277ページ
出版社: 新潮社 (1997/09)
ISBN-10: 4101430217
ISBN-13: 978-4101430218
発売日: 1997/09