LCC (Low-Cost Carrier)と呼ばれる格安航空会社が、利用客が伸び悩む地方空港の救世主的存在として注目を浴びている。
つい最近も日本の大手航空会社が設立し話題となったが、簡素化したサービスにより実現する料金の安さもさることながら、インターネットを通じて直接購入できるという手軽さもあり、旅行代理店を通じて航空券を購入するといったビジネスモデルや、IATAによって事実上カルテル的に取り決められていた料金体系すらも打ち破るきっかけとなった先駆者的存在となっている。

ただ、料金の安さと引き換えに、空港施設使用量を抑えるため空港設備から離れた駐機場所まで移動してタラップで搭乗しなければならなかったり、離着陸の優先順位が低いため、混雑時には離着陸までに時間がかかるなど搭乗客にとって不便な面もある。また、自社の整備設備を持たず、他社に整備を委託している会社も多く、安全面への不安もある。

とはいえ、一昔前は考えられなかった値段で海外へ旅行できるようになったことは隔世の感がある。
今後への期待としては、渡航先の多様化はもちろん、目的地によっては海外旅行より国内旅行が高いなどのねじれ現象も起こっているので、国内旅行の活性化のために、たとえば海外航空会社への以遠権の認可など、低料金化に向けた思い切った動きを望みたい。

ペンネーム:RES.W