Tag Archives

7 Articles

機械翻訳は使えるかも?

by BIJ

短い英文ならば人工知能を使ってかなりの精度で翻訳が可能です。ところが20単語、30単語の文章になるとたちどころに精度が落ちます。それでも、斜め読みする程度の要求には十分に応えてくれます。

【英語】
North Korea is threatening to take “physical action” after the U.S. and Seoul announced plans for deployment of a sophisticated missile defense system in South Korea.
(出展: VOA http://www.voanews.com/content/north-korea-threatens-physical-action-is-us-seoul-deploy-thaad/3412043.html)

【日本語】
北朝鮮は、米国とソウルは韓国の洗練されたミサイル防衛システムの配備のための計画を発表した後、「物理的な行動」を取るように脅かしています。

次に、韓国語を日本語に翻訳をすると、内容が十分に理解できるのです。例えば、次の韓国語をGoogle翻訳にかけてみましょう。

【韓国語】
한국 합동참모본부는 북한이 9일 오전 11시 30분께 함경남도 신포 동남쪽 해상에서 SLBM으로 추정되는 미사일 1발을 발사했다고 밝혔습니다.
(出展: VOA http://www.voakorea.com/a/3410429.html)

【日本語】
韓国合同参謀本部は、北朝鮮が9日午前11時30分頃、咸鏡南道新浦東南海上でSLBMと推定されるミサイル1発を発射したと明らかにした。

韓国語と日本語は語順が近いために精度があがるのです。英語はご存知のように日本語の語順がかなり違いますよね。

ブックガイド

by BIJ

今回は写真集を2冊紹介。

『small planet』
風景をミニチュア/ジオラマのように撮影する手法自体は決して新しいものではありませんが、この本が話題になった後から多くのデジタルカメラに「ジオラマ風」撮影モードが搭載されたことを考えると画期的な作品集といえます。

本城 直季(著)
単行本(ソフトカバー):144ページ
出版社:リトルモア(2006/4/8)
言語:日本語
ISBN-10:4898151728
ISBN-13:978-4898151723
発売日:2006/4/8

『TOKYO NOBODY―中野正貴写真集』
大都会から人々がいなくなる瞬間、人工建造物だけが残された風景には、どこかうらぶれた寂しさが感じられます。

ペーパーバック:96ページ
出版社:リトルモア (2000/08)
言語:日本語
ISBN-10:4898150314
ISBN-13:978-4898150313
発売日:2000/08

ブックガイド

by BIJ

昔から作家と猫には深い関係があるらしく、最近も本やテレビ番組で頻繁に取り上げられています。

藤田嗣治画文集『猫の本』(講談社ARTピース)
藤田は猫に家畜性(温柔かさ=おとなしやかさ)と野獣性(猛々しさ)を見ており、二面性が描ける面白い題材だと思っていたようです。ポートレート的な猫の絵は数え切れないほどありますが、藤田は猫のさまざまな姿態を捉えています。面相筆と墨によって繊細に描き込まれている毛の一本、一本に注目したい。

藤田 嗣治 (著)
単行本: 96ページ
出版社: 講談社 (2003/7/18)
言語 日本語
ISBN-10: 4062118440
ISBN-13: 978-4062118446
発売日: 2003/7/18

『猫とあほんだら』
『猫にかまけて』、『猫のあしあと』に続く、パンク作家による猫エッセイ第三弾。猫との暮らしに奮闘する様子が、著者撮影による写真とともに綴られています。

町田 康(著)
単行本: 264ページ
出版社: 講談社 (2011/5/13)
言語 日本語
ISBN-10: 4062169363
ISBN-13: 978-4062169363
発売日: 2011/5/13

ブックガイド

by BIJ

針を使わずに紙を綴じられるステープラー、自然の風に限りなく近いやわらかな風を送る扇風機、・・・
技術的に完成したと思われている分野に新たな特長を持って登場してくる製品には、ささやかながら感動を覚えます。
「○○とは、このようなもの」という常識を疑うところから発明や改良が生まれるのでしょう。

『ゼムクリップから技術の世界が見える アイデアが形になるまで』(平凡社ライブラリー)
身近な製品から社会システムにいたるまで、それらがどのようにして現在の形になったのかを子細に見ていきます。

ヘンリー・ペトロスキー (著) 、忠平 美幸 (翻訳)
単行本(ソフトカバー): 328ページ
出版社: 平凡社 (2010/9/11)
ISBN-10: 4582767095
ISBN-13: 978-4582767094
発売日: 2010/9/11

『世界を変えた発明と特許』(ちくま新書)
歴史的な発明家に焦点を当て、技術と法(特許)の世界が交差するドラマが語られます。

石井 正 (著)
単行本: 234ページ
出版社: 筑摩書房 (2011/4/7)
言語 日本語
ISBN-10: 4480066055
ISBN-13: 978-4480066053
発売日: 2011/4/7

BONSAI

by BIJ

昨年から盆栽を趣味のひとつに加えた。もともと植物を育てるのが好きでガーデニングにも興味があったのだが、残念ながら我が家にはその欲求を満たせるほどの広い庭がないため、狭いスペースでも楽しめそうな盆栽を始めてみた。

正直なところ年寄りの趣味と侮り軽い気持ちで始めてみたのだが、実際に始めてみると、こまめな水やりはもちろん、幹や枝への針金がけや剪定などといった小手先のスキルも求められるうえ、生きた植物ゆえ思い通りに成長するとは限らず、かなりの手間と根気を伴う。

だがしっかりとした手入れを続けることにより思い描いた形に成長してくる感動を味わえるし、季節に応じた変化を楽しむといった奥ゆかしさもある。

近年海外でも「変化を楽しめるアート」として注目されつつあった盆栽だが、EUでは害虫混入の疑いで2009年から輸入を規制しているそうだ。日本古来の「木の文化」を体現していると同時に、スローライフを彩るアイテムのひとつとなり得るだけに、早期の規制緩和を求めたいところだ。

ペンネーム:RES.W

日本の中のスペイン語

by BIJ

意外かもしれませんが、日本で街を歩いていると面白いところにスペイン語語源の単語を発見することがあります。
誰もが知っている例だと、サッカーチームの「柏レイソル」。これはスペイン語で「王(レイ)太陽(ソル)」なのです。確かマスコットが太陽の王様でしたよね。
とはいえ一番有名なのは、総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」でしょうか。これはスペインの有名な騎士道物語の主人公の名前からとっています。日本では「ドンキ」と省略していますが、本来なら「ドン」というのは貴族出身を表す敬称、「キホーテ」は主人公の名字なので、スペイン人からするとこの省略形はおかしいわけです。
だからといって「キホーテ」っていうのも今更・・・という感じですね。
余談ですが、小説「ドン・キホーテ」は長編ですが素晴らしい本なので、機会があれば是非お手にとってみてください。

By Christina

世界に紹介したい日本文化:鯉のぼり

by BIJ

この時期、世界に紹介したい日本文化のひとつに「鯉のぼり」があります。鯉は滝でも泳いで登ることから、強さのシンボルの象徴として、昔から男の子がたくましく育つようにこの鯉にあやかった鯉のぼりを立てる習慣があります。

わが家でも元気にたなびいている鯉のぼりですが、歌い継がれている童謡では真鯉がお父さんで緋鯉が子どもたちとあり、お母さんが登場しません。

これには諸説あり、現在では緋鯉(赤)のほかに子鯉(青)があるものが主流ですが、端午の節句は江戸時代の武家の風習から広まったもので、当初は真鯉(黒)のみだったものが、時代を経て緋鯉、子鯉と増えていったという説が有力だそうです。

この童謡が作られたのが昭和6 (1931)年で、当時の時代背景が垣間見えるともいえますが、家族を何よりも大切にする外国の方に鯉のぼりについて説明をするときには、緋鯉がお母さんで小鯉が子どもという位置づけにしたほうが理解を得られやすいかもしれませんね。

ペンネーム:RES.W