Tag Archives

4 Articles

お気に入りの表現

by BIJ

「秘蔵の◯◯」に対応するフランス語に≪ …de derriere les fagots ≫という表現があります。直訳すると、「薪の後ろの◯◯」です。

フランスで特別なイベントのときに、大切な、または珍しいものに対して使われる表現で、主に農民の間で流行っています。たとえば、家族や友達をもてなす特別な食事の後に、主人がこっそりと貴重な酒のボトルを出すような場面でこの表現を使います。

もちろん「秘蔵」の意味はもっと幅広いのですが、フランス語の表現と同じ意味を含んでおり、その漢字(秘の蔵)を見る限り、二つの表現はとてもよく似ています。

私はこの表現を聞くと、いつも薪の後ろから大事な酒のボトルを一本出しているお爺さんの姿を想像してしまうのです。

By Karasawa

諺の表現 – 2

by BIJ

フランス人の友達に、≪ c’est comme donner des perles aux cochons ≫(豚に真珠を与える)という諺を話したとき、とてもいいタイミングで使ったと思ったら、「 ≪ c’est comme donner de la confiture aux cochons ≫(豚にジャムを与える)が正しい表現だよ」と指摘されました。

実は「貴重な物をその価値を知らない人に与えて無駄にする」という意味であれば両方とも正しいのです。日本語にも「豚に真珠」と同じ意味の諺、「猫に小判」があります。なぜ同じ意味で表現の異なる諺があるのでしょうか。
フランス語の場合、その諺の由来は聖書にあります。「あなた方の真珠を豚に与えてはいけない」とイエスが使徒に教えたことがマタイによる福音書に書かれています。その後、「真珠(perle)」よりも日常生活に身近な言葉である「ジャム(confiture)」が使われるようになったのでしょう。

キリスト教に基づくフランス文化ではその変化に納得できますが、日本語の場合はどうでしょうか。日本で「豚に真珠」が知られるようになってから「猫に小判」が広まったとしたら、フランス語と同じような変化をたどったのかもしれません。

By Karasawa

ブックガイド

by BIJ

テレビのCMなどでよく耳にする商品名やブランド名。そこには思いがけない意味が込められていたりするものです。『社名・商品名検定 キミの名は』には、ネーミングにまつわるエピソードがコラム形式でまとめられており、商品の開発史としても読むことができます。

ネーミングを考えるうえで、もはや英単語だけでは独自性が出せない時代になってきました。『幻想ネーミング辞典』には、1200以上の見出し語に対して10か国語の訳の読み方が収録されています。たとえば、「達人」を引いてみましょう。マースター(英語)、メートル(フランス語)、エスペルト(イタリア語)、マイスター(ドイツ語)、マエストロ(スペイン語)、マースチェル(ロシア語)など、イメージする響きにぴったりマッチする言葉が見つかるかもしれません。

『社名・商品名検定 キミの名は』
朝日新聞be編集グループ (著)
新書: 261ページ
出版社: 朝日新聞社 (2008/1/11)
ISBN-10: 9784022731913
ISBN-13: 978-4022731913
ASIN: 4022731915
発売日: 2008/1/11

『幻想ネーミング辞典』
新紀元社編集部 (著, 編集)
単行本(ソフトカバー): 286ページ
出版社: 新紀元社 (2009/8/31)
言語 日本語
ISBN-10: 4775307436
ISBN-13: 978-4775307434
発売日: 2009/8/31

諺の表現

by BIJ

外国語を学ぶとき、一番面白いのは諺の表現です。勉強中、終わりのない単語リストの途中に二つの異なる言語で同じ意味の諺が見つかるのは一つの楽しみです。

もちろん文化の離れた国では言葉がまったく違うので、たいていは、同じことを言うための諺の表現が異なります。

たとえば、日本語で「藪を突いて蛇を出す」という諺を聞いたことあるでしょう。フランス語では ≪ Ne réveillez pas le chat qui dort ≫という表現になります。意味は同じですが、日本語に直訳すると「寝ている猫を起こさぬ」になります。両方とも言っていることは同じですが、表現はちょっと違いますね。

意外にも、表現がぴったりマッチすることもあります。日本語の「水を得た魚」に対応するフランス語は ≪ Comme un poisson dans l’eau ≫です。「水の中にいる魚のように」という意味です。きっと世界中の人々は誰もが、水中にいる魚のすばしっこい動きを見て、強い印象を受けたのでしょう。

By Karasawa(フランス人翻訳者)