Category Archives

47 Articles

BONSAI

by BIJ

昨年から盆栽を趣味のひとつに加えた。もともと植物を育てるのが好きでガーデニングにも興味があったのだが、残念ながら我が家にはその欲求を満たせるほどの広い庭がないため、狭いスペースでも楽しめそうな盆栽を始めてみた。

正直なところ年寄りの趣味と侮り軽い気持ちで始めてみたのだが、実際に始めてみると、こまめな水やりはもちろん、幹や枝への針金がけや剪定などといった小手先のスキルも求められるうえ、生きた植物ゆえ思い通りに成長するとは限らず、かなりの手間と根気を伴う。

だがしっかりとした手入れを続けることにより思い描いた形に成長してくる感動を味わえるし、季節に応じた変化を楽しむといった奥ゆかしさもある。

近年海外でも「変化を楽しめるアート」として注目されつつあった盆栽だが、EUでは害虫混入の疑いで2009年から輸入を規制しているそうだ。日本古来の「木の文化」を体現していると同時に、スローライフを彩るアイテムのひとつとなり得るだけに、早期の規制緩和を求めたいところだ。

ペンネーム:RES.W

日本の中のスペイン語

by BIJ

意外かもしれませんが、日本で街を歩いていると面白いところにスペイン語語源の単語を発見することがあります。
誰もが知っている例だと、サッカーチームの「柏レイソル」。これはスペイン語で「王(レイ)太陽(ソル)」なのです。確かマスコットが太陽の王様でしたよね。
とはいえ一番有名なのは、総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」でしょうか。これはスペインの有名な騎士道物語の主人公の名前からとっています。日本では「ドンキ」と省略していますが、本来なら「ドン」というのは貴族出身を表す敬称、「キホーテ」は主人公の名字なので、スペイン人からするとこの省略形はおかしいわけです。
だからといって「キホーテ」っていうのも今更・・・という感じですね。
余談ですが、小説「ドン・キホーテ」は長編ですが素晴らしい本なので、機会があれば是非お手にとってみてください。

By Christina

ブックガイド

by BIJ

テレビのCMなどでよく耳にする商品名やブランド名。そこには思いがけない意味が込められていたりするものです。『社名・商品名検定 キミの名は』には、ネーミングにまつわるエピソードがコラム形式でまとめられており、商品の開発史としても読むことができます。

ネーミングを考えるうえで、もはや英単語だけでは独自性が出せない時代になってきました。『幻想ネーミング辞典』には、1200以上の見出し語に対して10か国語の訳の読み方が収録されています。たとえば、「達人」を引いてみましょう。マースター(英語)、メートル(フランス語)、エスペルト(イタリア語)、マイスター(ドイツ語)、マエストロ(スペイン語)、マースチェル(ロシア語)など、イメージする響きにぴったりマッチする言葉が見つかるかもしれません。

『社名・商品名検定 キミの名は』
朝日新聞be編集グループ (著)
新書: 261ページ
出版社: 朝日新聞社 (2008/1/11)
ISBN-10: 9784022731913
ISBN-13: 978-4022731913
ASIN: 4022731915
発売日: 2008/1/11

『幻想ネーミング辞典』
新紀元社編集部 (著, 編集)
単行本(ソフトカバー): 286ページ
出版社: 新紀元社 (2009/8/31)
言語 日本語
ISBN-10: 4775307436
ISBN-13: 978-4775307434
発売日: 2009/8/31

諺の表現

by BIJ

外国語を学ぶとき、一番面白いのは諺の表現です。勉強中、終わりのない単語リストの途中に二つの異なる言語で同じ意味の諺が見つかるのは一つの楽しみです。

もちろん文化の離れた国では言葉がまったく違うので、たいていは、同じことを言うための諺の表現が異なります。

たとえば、日本語で「藪を突いて蛇を出す」という諺を聞いたことあるでしょう。フランス語では ≪ Ne réveillez pas le chat qui dort ≫という表現になります。意味は同じですが、日本語に直訳すると「寝ている猫を起こさぬ」になります。両方とも言っていることは同じですが、表現はちょっと違いますね。

意外にも、表現がぴったりマッチすることもあります。日本語の「水を得た魚」に対応するフランス語は ≪ Comme un poisson dans l’eau ≫です。「水の中にいる魚のように」という意味です。きっと世界中の人々は誰もが、水中にいる魚のすばしっこい動きを見て、強い印象を受けたのでしょう。

By Karasawa(フランス人翻訳者)

スペイン語の文字化け?

by BIJ

¡Hola!(みなさんこんにちは!)
¿Cómo estás?(いかがお過ごしですか?)

お客様に、「スペイン語が文字化けしているのですが・・・」と言われ、見てみると、「¡」と「¿」のことでした。

実は、スペイン語では「びっくりマーク」と「はてなマーク」はひっくり返っ ています。

確かに、逆疑問符・感嘆符が存在するのはスペイン語のみなので、文字化けだと勘違いするのも当然だと思います。

疑問符に関しては、ラテン語のquaestio(question)が、quaestio > qo > ?と変化を辿って今の形になったようですが、いつ頃から逆疑問符・感嘆符が使われるようになったかは、スペインでも明らかではないようです。長い文章の中で、どこが、疑問部分/感嘆部分かを分かりやすくする、という目的もあるとか。

現在では、英語の影響で文末にしかこれらを付けない若者も多いようですが、スペイン独特の素敵な文化なので、いつまでも続いてほしいものです。

By Sachiko

世界に紹介したい日本文化:鯉のぼり

by BIJ

この時期、世界に紹介したい日本文化のひとつに「鯉のぼり」があります。鯉は滝でも泳いで登ることから、強さのシンボルの象徴として、昔から男の子がたくましく育つようにこの鯉にあやかった鯉のぼりを立てる習慣があります。

わが家でも元気にたなびいている鯉のぼりですが、歌い継がれている童謡では真鯉がお父さんで緋鯉が子どもたちとあり、お母さんが登場しません。

これには諸説あり、現在では緋鯉(赤)のほかに子鯉(青)があるものが主流ですが、端午の節句は江戸時代の武家の風習から広まったもので、当初は真鯉(黒)のみだったものが、時代を経て緋鯉、子鯉と増えていったという説が有力だそうです。

この童謡が作られたのが昭和6 (1931)年で、当時の時代背景が垣間見えるともいえますが、家族を何よりも大切にする外国の方に鯉のぼりについて説明をするときには、緋鯉がお母さんで小鯉が子どもという位置づけにしたほうが理解を得られやすいかもしれませんね。

ペンネーム:RES.W

中国語の句読点の位置が間違っている?

by BIJ

中国語には、簡体字(中国本土)と繁体字(台湾・香港など)があるのをご存じですか?
良くある質問に、簡体字と繁体字の句読点の位置に関する質問があります。どうしても日本語と同じで漢字を使用する言語なので勘違いしやすいのです。

例えば中国語には [ 、 ] もありますが、英語のカンマのような [ , ] もあります。日本人は錯覚をして混乱しますが、中国語には中国語のルールがあります。そもそも漢字の使用に関しては中国語の方が日本語の大先輩ですから、そんな先輩の言語に日本語のルールを当てはめるのは禁物です。簡体字と繁体字にしても、文字が違えば使い方も違います。

句読点の意味も位置も日本語とは異なりますが、それぞれの違ったルールを覚えると面白いですよ!ちなみに、句読点の位置が日本語と同じベースラインにあるのが簡体字で、行の中央に位置するのが繁体字です。

By Joe The Lion