いかにも日本のお菓子のような顔をして、実は外国発祥のものがあります。

その中でも有名なのが、「金平糖」と「カステラ」でしょうか。
これらは、ポルトガル発祥のお菓子です。「金平糖」は“confeito”(コンフェイト)が語源です。1600年頃にポルトガルの宣教師によって日本にもたらされたもので、当時の戦国大名の織田信長はえらくこの南蛮菓子を気に入ったと言われています。
また、カステラは当時のスペインの王国名“Castilla”(カスティーリャ)に由来しているのです。こちらは豊臣秀吉が好きだったとか。
今では日本人誰もが知る昔ながらのお菓子ですが、遠く離れたヨーロッパでも似たようなものが伝統菓子として食べられていることを考えると面白いと思いませんか?
鎖国前に日本にやってきたから良かったものの、ちょっと遅かったら私たちは「金平糖」や「カステラ」を知らないまま現在に至っていたかもしれません。
タイミングって大事ですね。