中国の古典小説は数多くありますが、『三国志演義』は中国人であればほとんど誰でも知っている最も人気のある作品です。
日本では書籍だけでなく、光栄(現在のコーエー)社が出品した三国志ゲームはとても素晴らしく、世界中でもこのゲームに肩を並べるものは見あたりません。

『三国志』は三国時代のことを叙述した歴史書であり、その名のとおり魏・呉・蜀の三国が争覇したことに由来しています。作者は元蜀の家臣で後に西晋に仕えた陳寿(233年 – 297年)とされています。
この時代の曹操・孫権・劉備らが争ったことは一般にもよく知られています。

その後、歴史書の『三国志』に基づいて、明の初期に羅貫中らの手により小説『三国志演義』が創作されました。
我々の知っている「三国」に関する物語は、ほとんどが小説である『三国志演義』によるものであり、実際の歴史とはほど遠いのです。
また、『三国志演義』に登場する地名・官職名・武器防具などは三国時代の時代考証からみて不正確なものが多いのも事実です。

単に『三国志』という場合、本来陳寿が記した史書のことを指し、それに対し『三国志演義』とは明代の白話小説であり、『三国志』に基づきながらも説話本や雑劇から取り込まれた逸話や作者自身による創作が含まれています。
現代の中国では一般的に『三国演義』と呼ばれています。

ペンネーム:KK