身近に観察できる、比較的新しい学問を2つ紹介します。

『渋滞学』(新潮選書)
車が渋滞するメカニズムの理論を応用して、群集の流れからネットワークのルーティング問題など、世の中のさまざまな渋滞を解き明かします。

西成 活裕 (著)
単行本: 256ページ
出版社: 新潮社 (2006/9/21)
ISBN-10: 9784106035708
ISBN-13: 978-4106035708
ASIN: 4106035707
発売日: 2006/9/21

『左右学への招待―自然・生命・文化』
自然界、生命、文化における「左右」の謎を探ります。鏡に映る姿は、上下は反対にならないのに、左右が反対になるのはなぜ? 解説は本書で。

西山 賢一 (著)
単行本: 225ページ
出版社: 風濤社 (1995/10)
ISBN-10: 489219140X
ISBN-13: 978-4892191404
発売日: 1995/10