外国語を学ぶとき、一番面白いのは諺の表現です。勉強中、終わりのない単語リストの途中に二つの異なる言語で同じ意味の諺が見つかるのは一つの楽しみです。

もちろん文化の離れた国では言葉がまったく違うので、たいていは、同じことを言うための諺の表現が異なります。

たとえば、日本語で「藪を突いて蛇を出す」という諺を聞いたことあるでしょう。フランス語では ≪ Ne réveillez pas le chat qui dort ≫という表現になります。意味は同じですが、日本語に直訳すると「寝ている猫を起こさぬ」になります。両方とも言っていることは同じですが、表現はちょっと違いますね。

意外にも、表現がぴったりマッチすることもあります。日本語の「水を得た魚」に対応するフランス語は ≪ Comme un poisson dans l’eau ≫です。「水の中にいる魚のように」という意味です。きっと世界中の人々は誰もが、水中にいる魚のすばしっこい動きを見て、強い印象を受けたのでしょう。

By Karasawa(フランス人翻訳者)