この時期、世界に紹介したい日本文化のひとつに「鯉のぼり」があります。鯉は滝でも泳いで登ることから、強さのシンボルの象徴として、昔から男の子がたくましく育つようにこの鯉にあやかった鯉のぼりを立てる習慣があります。

わが家でも元気にたなびいている鯉のぼりですが、歌い継がれている童謡では真鯉がお父さんで緋鯉が子どもたちとあり、お母さんが登場しません。

これには諸説あり、現在では緋鯉(赤)のほかに子鯉(青)があるものが主流ですが、端午の節句は江戸時代の武家の風習から広まったもので、当初は真鯉(黒)のみだったものが、時代を経て緋鯉、子鯉と増えていったという説が有力だそうです。

この童謡が作られたのが昭和6 (1931)年で、当時の時代背景が垣間見えるともいえますが、家族を何よりも大切にする外国の方に鯉のぼりについて説明をするときには、緋鯉がお母さんで小鯉が子どもという位置づけにしたほうが理解を得られやすいかもしれませんね。

ペンネーム:RES.W